こだわり

こだわり

なぜ地産地消?

スーパーに並ぶ、遥か異国の地から来た野菜たち。天候や風土の違いから日本では栽培できず、輸入に頼らざるを得ない作物もあります。
ですが、誰がどの様に作りどのくらい保管され、どのような経路で運ばれてきたのでしょうか。
この街に来るまでに、どのくらいの二酸化炭素が排出されたのでしょうか。
地産地消が浸透すれば、そのような事を心配する必要はありません。
「消費者」にとっては、新鮮さと安心感が得られます。
「生産者」にとっては、 食品ロスが減り、正しい価値が付けられます。
「企業」にとっては、 流通経費や人件費の無駄が省けます。
「地球」にとっては、二酸化炭素の排出削減により負担が減ります。
地産地消を進めることで、all-win の関係が生まれるのです。

なぜ農家レストラン?

最近話題の農家レストラン。
農家レストランの魅力はなんといっても、新鮮な野菜食材を使ったお料理が食べられることです。
自社農園で栽培している野菜、地域の直売所で販売されているお野菜。
どれもこれも「今日」「たった今」採れたばかりのものなのです。
料理も味付けもその時採れたもの次第。季節の移ろいを肌で感じることができます。
365日、いつ行っても全く同じ素材の同じ料理が食べられるレストランチェーンは、便利ですが実はとても不自然なことなのです。

なぜスローフード?

街で良く見かけるファストフード店。
ファストフードとはその名のとおり、忙しくて時間の無い現代人にとって「すぐ出てきて、すぐ食べられる」が叶う食事のことです。
しかし、毎日ファストフードばかりでは健康や情緒に影響が出ます。
スローフードとはそれに対抗するものとして、豊かな食文化の荒廃を危惧する警鐘としてイタリアで提唱されました。
食材や調理法、食べ方までもが人工的で不自然なファストから、ゆったりと人間らしいスローなリズムに立ち戻ろうという運動が、世界中にひろがっています。
日本人が昔から「郷土料理」に親しんできたように、その土地にある材料を使い、その土地の手法で調理する料理に親しんでみませんか。

農家レストラン「みかん畑」が選ばれる理由

スローフードバイキングの農家レストラン「みかん畑」では、毎日30種類以上のメニューを楽しんでいただけます。
冷凍食品は使わずに、ガルテン野菜部がつくる野菜や地元の直売所の新鮮野菜など、地元の野菜食材にこだわって。
地元のお母さんたちがゆっくり、じっくり調理した手料理が味わえます。
地元・秋津野の里を感じる料理、秋津野柑橘を絞ったフレッシュで瑞々しい生絞りジュースなどバラエティに富んだメニューでおもてなし致します。
天気の良い日には自慢のテラスにて、温かい日差しの中で緑に囲まれながらお食事やコーヒーをお楽しみ頂けます。
秋津野の澄んだ空気の中で、ゆったりと気持ちのいい時間を過ごせると大変ご好評を頂いております。